読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【千葉県船橋市】女性行政書士事務所フェリールのブログ

千葉県船橋市の行政書士事務所フェリール、女性行政書士の渡部かおりです。

【行政書士試験勉強法】わたしが行政書士試験に落ち続けた3つの勉強法③

『わたしが行政書士試験に落ち続けた3つの勉強法①』はコチラから。

『わたしが行政書士試験に落ち続けた3つの勉強法②』はコチラから。

 

③模試も市販模試と通信。

これは今でも反省しますが、わたしは模試も予備校の通信と市販模試で受験していました。

しかも、自宅の机で解いていました。

これは本当に避けた方が良いと思います。

まず、自宅は緊張感がありません。

 

喉が渇けばすぐにコップに手が届く。

トイレにサッと行ける。

宅配便などのインターホンが鳴る。

電話がかかってくる。

家族がちょいちょい覗いてくる。

『周囲が知らない人ばかり』という環境ではない。

いつも勉強している机を使うため、ついウトウトしてしまい睡魔に勝てない。

テキストや模試解答が手元にあるため、わからない問題に出会うと『調べちゃおうかな』という誘惑と戦うことになる。

etc.

 

どんなに集中しようとしても試験会場と同じ緊張感は生み出せません。

わたしの場合、自宅ですとどうしても3時間の集中ができず、気付けば机に突っ伏して寝ていた(自覚無し)ということも多々ありました。

また、わからない問題に出会ったとき、すぐに調べられる環境が整っているのもよろしくありません。

「調べたい」という誘惑に打ち勝てたとしても、そもそも誘惑が発生している時点で時間の無駄です。

試験では『調べる』なんて選択肢は無いですもんね。

 

「さっき、郵便屋さんの対応したから5分延ばそう」

ということも本番ではありえないですし、郵便屋さんに対応した時点で模試に挑む集中力は切れています。

 

なので、あなたが本当に合格したいのなら自宅は絶対におススメしません。

 

苦肉の策で、わたしは市で運営している学習センターの自習室で模試を行いました。

でも、近くでおばちゃんたちがギャハギャハとおしゃべりしていたり、

定期試験対策の自習に来ているが集中力が切れてふざけ合う中学生の中での模試は、

試験に近い環境とはほど遠かったです。

 

 

以上、わたしが試験に落ち続けた理由は以下の通りです。

①毎日の勉強は平均2時間、週に3~4日勉強。

②教材は、市販テキスト。

③模試も市販模試と通信。

 

もちろん、毎日勉強をせずとも一発合格する人もいます。

市販テキストなら落ちるという訳ではありません。

自宅で市販模試のみ行っただけで受かる方も多くいらっしゃると思います。

 

ただ、法律とは無関係に生きてきたわたしに関して言えば、上記の①~③は失敗と言える勉強法でした。

 

わたしが合格をしたときの1年間の勉強法も今後まとめていきたいと思います。

もうしばらく、お待ちくださいね(=゚ω゚)ノ

 

*わたしが離婚から行政書士になるまでの5年間を追うブログ*

『いいね』が付けにくい内容ですが、宣伝していないのにわたしが書いているブログの中で1番人気なのは、このブログです。

blog.gsfeerire.info

***********************

フェリールのブログを読んでくださりありがとうございます。
~素敵な1日になりますように♪~
 
では、また(*´ω`*)

 

【お問い合わせ】
MALE info.feerire@gmail.com
(24時間以内に返信いたします。)

TEL 047-401-2940
(留守番電話になった際は、録音をお願いいたします。
 折り返し、お電話いたします。)

f:id:toereading:20170118104054j:plain