読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【千葉県船橋市】女性行政書士事務所フェリールのブログ

千葉県船橋市の行政書士事務所フェリール、女性行政書士の渡部かおりです。

【知的財産権】ハンドメイド作家のあなたに聞きます。『ブランド』を侵害していませんか?

こんにちは。

 

女性のライフスタイルをサポートする
小学生ママでありセラピスト行政書士の
渡部 かおり(わたなべ かおり)です。
千葉県船橋市で活動しています(*^▽^*)ノ

 

離婚相談ハンドメイド作家さん対象の著作権を中心とした相談を主な業務としています。

本日はハンドメイドのお話です。

f:id:toereading:20170118103933j:plain

さて、あなたは『ブランド』という言葉を聞いて何を連想しますか?

バッグ?

スーツ?

ジーンズ?

靴?

文房具?

それとも企業名?

 

わたしの場合は『ブランド』という言葉を聞くと、高級バッグやビンテージのジーンズを連想します。

 

『ブランド』には、

「これは〇〇のだから信用できる!」

とか、

「🔴🔴のファンだから買いたい!!」

と、わたしたち購入者に選んでもらったり、他との違いを認識してもらうための役割りがあります。

 

「このブランドなら、これくらいの品質を持ってるはずだよね。

 だから、買おっと♪」

と、そのブランドを信用し買ってもらうのです。

 

では、ここで質問です。

『あなたが買った商品が実はそのブランドとは全く関係のない人や企業が作った物だとしたら、あなたはどう思いますか?』

 

ちょっと例え話をしましょう。

某有名ジーンズメーカーのジーンズタグを切り取って、自分で作ったバッグにそのタグを取り付けて販売している作家さんがいたとします。

その作家さんは、そのジーンズのタグを自分のバッグに付けたら格好いいだろうな♪という気持ちで作っています。

そのバッグを販売したところ、飛ぶように売れました。

その作家さんは「これはイケる!!」と思い、そのタグ付きバッグをマルシェ(実店舗)やインターネットショップでばんばん売ることにしました。

 

買ってくださった方からも大好評でしたが、ある日、こんなクレームがきました。

「わたしは、バッグのタグのブランドさんが作っている物だと信用して、商品を購入いたしました。

しかし、商品が手元に来てビックリしました。

これはタグのブランドさんが作った物ではない偽物ではないですか!!

このタグを信用して購入したのに。騙されました!!」

 

あなたにとっては『ハンドメイド作品なのだからタグのブランドとバッグは関係が無い』というのが常識であったとしても、全ての人にそれが通用するとは限りません。

中には、そのブランド品だと信用して購入する方だっているはずです。

 

また、後日こんな連絡が来ました。

「あなたが販売している当社のタグ付きバッグは当社の製品とは全くの無関係であり、当社の利益を侵害しております。」

なんと連絡の相手はタグのブランド企業だったのです。

 

ブランドとは全く関係のない人や企業が、商品の一部をリメイクした物を販売するのは『商標権侵害』となる可能性が高いです。

『商標』とは簡単に言えばその企業の『商品』『サービス』のこと。

商標権侵害とは、その商品やサービスを使う権利を許可なく勝手に使っちゃうことです。

他人の物を相手の許可なく勝手に使っちゃうことがいけないことなのは、道徳的に考えてもわかりますよね。

相手から訴えられれば、法律的にも違法になる可能性が高いです。

 

「わたしはみんなに喜んでほしくて作っていただけなのに!

わたしの作品は素晴らしいものだわ!

ブランドのイメージを損なうことなんてしてないわ!!」

なんて逆ギレする方もごく稀にいらっしゃいますが、作家さんがブランドイメージを損なう活動をしているかどうか、購入者が喜ぶかどうかなんてことは関係ありません。

考えるべきは『ブランドを生み出した相手が嫌がることをしていないか?』ということです。

 

自分がされて嫌なことはしない。

仮に、「わたしは、わたしのブランドを勝手に使われてもかまわないわ!」という広い心を持っている方がいたとしても、だからと言って相手の物を勝手に使っても良い理由にはなりません。

 

あなたは大丈夫でしょうか?

作品を制作し始める前に、

「これは大丈夫かな?相手の権利を勝手に使っちゃっていないかな?」

と思ってから製作、販売をしていただけたら幸いです。

 

 

*『ハンドメイド作家さんのための法律マナー基礎講座』*

1回90分の出張講座です。

集会所、カフェ、ハンドメイド作家さんのお家など、ご要望の場所にお伺いいたします。(会場の確保をお願いいたします。)

最近はスマホアプリでも簡単にハンドメイド作品が出品できますが、その分、法律トラブルも身近なものになってきました。

法律は「知らなかった」では済まされません。

悪気なく販売した物が、「それは違法です!」「通報します!」と言われてしまうのはショックですよね。

対応に時間が掛かりますし、精神的にもとても辛いです。

楽しく始めたはずのハンドメイド作家活動を嫌いになってしまう可能性も高いです。

ハンドメイド作家さんに必要な法律マナーをQ&A方式で一緒に学びましょう。

 

日時、料金など詳しくは、下記にメールをお願いいたします。

✉ info.feerire@gmail.com

(ただ今、ホームページ作成中です。ご迷惑をおかけしております。)

*********************** 

 

*わたしが離婚から行政書士になるまでの5年間を追うブログ*

『いいね』が付けにくい内容ですが、わたしが行政書士になるまでの実録記です。

blog.gsfeerire.info

***********************

フェリールのブログを読んでくださりありがとうございます。
~素敵な1日になりますように♪~
 
では、また(*´ω`*)

 

【お問い合わせ】
MALE info.feerire@gmail.com
(24時間以内に返信いたします。)


TEL 047-401-2940
(留守番電話になった際は、録音をお願いいたします。
 折り返し、お電話いたします。)

f:id:toereading:20170118104054j:plain